岩崎宏美の「思秋期」の別バージョン

こんにちは(^_-)-☆  しんのすけです


岩崎宏美さんは比較的良く聴きます。前回は「許さない」をやりましたが、結果はやはり音質的に「許せない」ということになった様な( ^ω^)・・・

なので、お口直しといっては何ですが、今回はアナログレコードで行きましょう!
ご紹介するのは大ヒットした「思秋期」ですが、シングル盤バージョンとは異なるものです。

思秋期
シングルカットされたものは、編曲が三木たかし氏なのですが、今回ご紹介するのは萩田光雄編曲バージョンになります。
個人的には「アコースティックバージョン」と呼んでおりますが、こちらの方が曲の完成度は高いと思います。しかし、ハープやらホルンやらストリングスをフルに活用した編曲はシングル盤としては少々雄大過ぎて回りくどいので没になったのでしょう。

オーディオ的にはこちらの方が数段上だと個人的には思います。

レコーディング:19802月 ビクター青山スタジオ

録音:24トラックアナログテープ

リマスター:プロセッサ ビクターBP-90 、デジタルレコーダ ビクターCR-8500L



それでは例によって「空間再生録音」です。
スピーカーからの出音をマイクで収録しています。



1.思秋期(アコースティックバージョン)






比較用:シングルバージョン






2.万華鏡

続いては、「万華鏡」です。
これは多分マスターはシングルバージョンと同一と思われますが、上記の「思秋期」と同じ様にデジタルリマスターされています。

レコーディング:19796月 ビクター青山スタジオ

録音:24トラックアナログテープ

リマスター:プロセッサ ビクターBP-90 、デジタルレコーダ ビクターCR-8500L

カッターヘッド:ビクターCH-90








比較用:シングルバージョン



TECHNICAL DATA:

再生機材:

turntable: MICRO BL-77

Tonearm: MA-202

cartridge    audiotechnica AT150E

  

PRE AMP.ROTEL RC-870

channel dividerYAP(YUSA AUDIO PROJECT) 

PAWER AMP. LOWROTEL RB-880 MIDYAP CLASS A HIGHTechnics SE-9060

 

SPEAKEROPTONICA CP-3

LOWOPTONICA CP-3純正(8Ω)、 MIDJBL242016Ω)+2312 HIGHONKYO TW-7S N-Ⅱ (8Ω

 

録音機材:

MIC: SONY ECM-23F3

AUDIO INTERFACE: RME fireface


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(8)
気がついたのはすごい
クラシック編曲verやピアノ伴奏verは知っていましたが
これには全然気が付きませんでしたよ。

flattwin

2024/02/24 URL 編集返信

声の距離
シングルバージョンの方が圧倒的に声が近いですね。

元新潟のU

2024/02/24 URL 編集返信

しんのすけ
Re:気がついたのはすごい
flattwinさん、こんにちは!

個人的には「秘蔵音源」と思っていますが、ファンは知っているのかもです^^;

しんのすけ

2024/02/24 URL 編集返信

しんのすけ
Re:声の距離
元新潟のUさん、こんにちは!

確かに声は近いけどドラムも近い(笑)この辺は好みの問題でしょう。

しんのすけ

2024/02/24 URL 編集返信

どちらも名曲!
こんばんは!

似非ファンの爺さんが言える事ではありませんが、2曲ともシングルバージョンが良いですね。
しんのすけさんの録音はきれいに録れてます。

imoken58

2024/02/24 URL 編集返信

しんのすけ
Re:どちらも名曲!
imoken58さん、こんにちは!

ご意見ありがとうございます。この辺は好みの問題でしょう。シングルバージョンの方が分かりやすく一般向けなのは確かです。レコード会社も考えた上の判断で出していると思います。

しんのすけ

2024/02/24 URL 編集返信

大好き!
こんばんは♪

コメのほうはすっかりご無沙汰しちゃいましたが、
小生の大好きな楽曲「思秋期」とあれば食いつきます!(爆)

こんなバージョンがあったのですね。かなり仰々しいアレンジですが
オリジナルとはまた違った魅力がありますね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2024/02/25 URL 編集返信

しんのすけ
Re:大好き!
なめちゃん仙人さん、こんにちは!

こちらこそご無沙汰です。ブログは拝見していますよ。
そちらの明菜バージョンはYouTubeで先に聴かせて頂いておりました。こちらも丁度「思秋期」をUPした時期でこちらの岩崎宏美バージョンは先に限定公開でテスト版を挙げていたのでした。なので、別に真似っこじゃないけど、すこし時間開けてから公開版を挙げました(笑)

曲の方は、萩田さんも少し懲り過ぎちゃったのかシングル盤としては回りくどくなった(笑)オリジナルのLPに収録されているのかは不明です。
この音源はビクターの配布用オムニバス盤からです。当時、高田馬場BIG BOXで原信夫とシャープスアンドフラッツを迎えてのイベントで貰ったもので、その時もシングルバージョンとは違うという説明を聞きました。
また、その時はこのレコードの「ラッカー盤」で試聴しました。

それでその「ラッカー盤」をクイズだかじゃんけん大会で1番になれば貰えたのですが、惜しくも最後の数人というところで脱落したと記憶しています。
もしその「ラッカー盤」が当たっていたら、お宝だったと思います。

しんのすけ

2024/02/26 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

しんのすけ

Author:しんのすけ
オーディオと音楽とクルマ、その他何にでも 興味を持ったことをブログにします。宜しく!

ブロとも一覧

月別アーカイブ

アクセスカウンター

クレヨン邸の訪問者

カウンター2

クレヨン邸の滞在者数
現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
133位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
8位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR