• マツコの知らない スピーカーの世界を観ました!(^^)! 後編
    こんにちは(^_-)-☆  しんのすけです前回のつづきです。ますは、手頃に買えるBluetoothスピーカーをご紹介(^^)/いろいろあるのですね!当たり前に小さいのは低音が出ないし、少し大きい筒のやつは低音ばかりになる様で( ^ω^)・・・お風呂用に防水のは良いかも(=^・^=) 自作しようかな(笑)それから、パッシブスピーカーの部へ~まあ、いわゆる普通のスピーカーです。まずは有紗お姉さんの仕事部屋の紹介PERSONA B 165万円... 続きを読む
  • マツコの知らない スピーカーの世界を観ました!(^^)! 前編
    こんにちは(^_-)-☆  しんのすけです見逃したけど、タダで観れる方法を教わったので早速観ました(^^)/「マツコの知らない スピーカーの世界」という訳で、まずは飯田有紗さんのご紹介です。ここで年齢がバレてしまいます(笑)一応、雑誌などに解説記事を書いたりセミナーや講演なんかもやられております。音友やステサンなどの出版社やオーディオメーカー、オーディオショップとも仲良しです(^^)/仕事部屋はここで、35000円の6... 続きを読む
  • ちょっと設計ミスだぁ~💦
    こんばんは(^_-)-☆   しんのすけですツイーターの置台を製作中ですが、やらかしました(>_<)苦労して切り込みを入れたのですが・・・これじゃ駄目じゃん(笑)駄目だよこれじゃあ後の板と同じ高さじゃなきゃ、宙に浮いてしまいます。修正は後ろ側を切るだけだから、簡単です。。塗装する前に取付け確認して良かったワ~... 続きを読む
  • サンスイの組子細工のスピーカー・ネットの話
    こんばんは(^_-)-☆  しんのすけですむかしのサンスイのスピーカーといえば、組子細工が有名でした。元サンスイに居た、前園俊彦氏の手記を見ていたら、組子(七宝継ぎ)と書かれているのが気になりました。でもよく読むと、ここで言っているのは本物の七宝繋ぎの工芸品を指していて、サンスイはこの技術を取り入れて量産化に努力したことが分かりました。七宝繋ぎは家紋のアレです。七宝継ぎの表記も存在はするようですが、少数... 続きを読む
  • ミライスピーカーって何だ!
    こんにちは(^_-)-☆  しんのすけです今朝、TVを見ていたら、「ミライスピーカー」のコマーシャルが流れた。スピーカーもTVコマーシャルなんて、数十年ぶりに見た気がします。さて、「ミライ・スピーカー」とはどんなものか?調べてみました。今盛んに売り出し中のものは、コレ6万台売り上げを達成したという。これが、2万9700円だという。それに、なんとモノラルなのだ。注目の特許技術はというと・・・じゃじゃ~ん!内部はこん... 続きを読む
  • audio physic brilon 1.0 について
    こんばんは(^_-)-☆  しんのすけです拙宅のオーディオ部屋で、小さいけれどけっこう存在感のある audio physic brilon 1.0です。木目が綺麗だし、小さいから邪魔にならないのが良い。わたしは元々、小さいの好きなんですよね!「小さいけれど力持ち」「羊の革を被った狼」「リトル・ギャング」的な(爆)日本国内では、あまり見ないスピーカーなので、1ポイント・アクセントになっております^^;発売は1993年と書いてあったサイト... 続きを読む
  • FOSTEX RX200 (記録用)
    こんにちは(^_-)-☆  しんのすけですFOSTEX RX200って知らなかったけれど、ロイーネDX200の原型か?まあ、原形というのは言い過ぎだけれど、似ているのは確かです。というのも、ロイーネ音響の創業者は、FOSTEX出身者ですからね。オークションに出ていたので、写真を頂いて来ました。これです。なるほど、コーン内周にも、エッジ材が貼ってあるのかな。ツイーターはホーンの様です。ダイキャストフレームです。ロイーネの方が、し... 続きを読む
  • AUDIO physic brilon 1.0のサランネットの製作
    こんばんは(^_-)-☆  しんのすけですこれも、苦節半年か(笑) やっと完成しました\(^o^)/AUDIO physic brilon 1.0 ですが、純正サランネットは付いておらず、純正も恰好悪いとの悪い評判です(>_<) ネット無しだと、レコードの角で突いて貴重なユニットが壊れたら大変です。なので、ず~と考えておりました。元はコレ、以前の記事捨てようとしてバラしました(^^)/取り出したるは、旧い~ビクターのTVのスピーカーから外... 続きを読む
  • Roiene DX-200 実験録音 
    こんばんは(^_-)-☆  しんのすけですロイーネ音響DX-200ですが、アンプをOPTONICA SM-3000MKⅡにして鳴らしましたが、相変わらず高域が煩いんです。昨日は、アッテネータ位置「4」(標準は「5」)で、トーンコントロールは使用せずに録音しましたが・・・   今一なんですよねぇ~m(__)m今日は、アッテネータを「3」まで絞りました。標準は「5」だから、けっこう勇気が必要です(笑)それに加えて使いたくはないけれど、トーンコ... 続きを読む
  • 格安スピーカーケーブルとパチもん
    こんにちは(^_-)-☆  しんのすけです前回、単線が切れちゃったお話しをしましたが( ^ω^)・・・スピーカーケーブルは重要ですが、価格もピンからキリまであります。わたしは、もともと高級ケーブルは使っていません。これは、初めてちゃんとしたスピーカーと言える、FLAT8Ⅱのドロンコーンを繋いだ時に使った、想い出のケーブルなんです!(^^)! パイオニアの4芯で、200エン/Mのやつです。もう、かれこれ40年以上前になります... 続きを読む
  • ロイーネ音響研究所 DX200 のエンブレム製作
    こんにちは(^_-)-☆  しんのすけですロイーネDX200も鳴らし込みが進んで、耳が慣れたせいか、幾分良くなってきた感じがします。取り敢えず完成なので、最後の仕上げでエンブレムを作りました(^^)/ダイソーさんで買って来たのはコレ。UVクラフトレジン液 ソフト。5g入り100円。最初1個買って来ましたが、足りないといけないので、結局後から2個買い足しました。結局、今回は1本で十分に足りてしまいました。こんな感じで、写真印... 続きを読む
  • ロイーネ音響 番外編(発売当時の評価)
    こんばんは(^_-)-☆  しんのすけですロイーネの発売当時の評価を捜していましたら、エンクロージャー製造販売の長谷弘工業さんの、ご試聴ご感想メールの中に、ロイーネの記載がいくつか見つかりました。無断ですけど、公開されている内容なので、抜粋させて頂きました。※長谷川様、無断引用すみません。いけない場合は連絡下さい💦当時、WCW-200というバックロードホーン箱と組合せて販売を行っていた様で、当時の販売経路の一つだ... 続きを読む
  • ロイーネ音響研究所 DX200 コアキシャル2WAYスピーカー最終回(クラシック編)
    こんばんは(^_-)-☆  しんのすけです長々とお届けしました、ロイーネ音響DX-200ですが、今回で最終回ということで、一旦終わらせようと思います。最終回は、このスピーカーの得意分野と言えるクラシック編となります。わたしは、さほどクラシックは聴かないので、ライブラリーも限られてはおります。巷の噂では、チェロは良いとい評判もあるようです。まあ、JAZZや歌謡曲よりは、多少マシな感じでしょうか?それでは早速試聴には... 続きを読む
  • ロイーネ音響研究所 DX200 コアキシャル2WAYスピーカー そのⅧ(試行錯誤編)
    こんばんは(^_-)-☆  しんのすけです前回の歌謡曲編では、多数のご意見を頂きまして、ありがとうございます。https://shinchanaudiomusic.blog.fc2.com/blog-entry-1279.html今回、クラシックで最後にしようと思っていましたが、ご意見を参考に少し考えてみました(^^)/取り敢えず、TEST CDのピンクノイズとRMEのスペアナで特性を観てみました。なお、マイクはベリンガーC-2なので、あてにならない事はご承知ください( ^ω^)・... 続きを読む
  • ロイーネ音響研究所 DX200 コアキシャル2WAYスピーカー そのⅦ(歌謡曲編)
    こんばんは(^_-)-☆  しんのすけです昨日は完成したのでウカレテJAZZボーカルをUPしましたが、冷静になってみるとかなり難ありの様な感じがします(笑)オーディオにプラシーボは付き物ですが、ちょっと空耳だった感はあります( ^ω^)・・・でも、現状は鳴らしこみの段階なので、焦らずに行きます。吸音材の追加は、バスレフポートからも出来ますから~でも、何かそういう問題でも無さそうな気がしてきました。テストトーンで... 続きを読む
  • ロイーネ音響研究所 DX200 コアキシャル2WAYスピーカー そのⅥ(ほぼ完成)
    こんばんは(^_-)-☆  しんのすけです2本目をささっと改造しました。背面の分厚い吸音材を抜きます。側面、上底面はそのままで、内部はこんな感じです。ネットワークとアッテネータネットワーク基板パターン面。エッヂの付いてない部分を接着という感じで、無事に完成しました。右側は前回通りで、吸音材はそのままタップリの状態です。2本完成したので、早速、初の試聴をしました。夜なので大きな音は出せません。驚くのは能率が... 続きを読む

プロフィール

しんのすけ

Author:しんのすけ
オーディオと音楽とクルマ、その他何にでも 興味を持ったことをブログにします。宜しく!

ブロとも一覧

月別アーカイブ

アクセスカウンター

クレヨン邸の訪問者

カウンター2

クレヨン邸の滞在者数
現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
110位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
7位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR