巷の「コーヒーフレッシュとは」の解釈がオカシイことに一言申す

こんにちは(^_-)-☆  しんのすけです

2021051223583653c.jpeg
2021051517221936b.jpeg珈琲に入れるミルクの事を関東では「ミルク」関西では「フレッシュ」と言うらしいです。

確かに一般には関東で「フレッシュ」はお馴染みではないでしょう。

でも、ここに書かれている、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
厳密にいうと「ミルク」は動物性油脂の商品であり、コーヒーフレッシュは、植物性油脂を乳化させて作ったものなので、本来は「ミルクではない」と定義されています。
関西で「フレッシュ」と呼ばれているのは、製造メーカー「メロディアン」が「コーヒーフレッシュ」という言葉を関西に広めたから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というのは、わたしにとってはかなり違和感があります。

関西でフレッシュと呼ばれている理由が「メロディアン」なのか? 違うでしょ。

と思って調べてみたら・・・
「メロディアン」の広報担当者にインタビューしたという記事を見つけました。

そりゃあ、メーカーの広報に聞けばそうなるでしょうよ(笑)
確かにTVコマーシャルをやっていた様なので、一般消費者への影響は大きかったと思われます。

それに、この記事にも書いてある。
「当時、関西では喫茶店でコーヒーに入れる生クリームのことを「フレッシュ」と呼んでいて・・・

これは、関西だけでなく全国的にですよ!



半世紀以上前から珈琲業界では珈琲に入れるミルクの事を「フレッシュ」と呼んでおり、もちろん乳製品でした。
もう少し詳しくいえば、珈琲に入れるものを「フレッシュ」、ホイップクリームにするものを「フレッシュヘビー」と呼んでいます。「フレッシュ」は乳脂肪分35%前後、「フレッシュヘビー」は乳脂肪分42%~47%ぐらいだと思います。
務めていた店では、極稀ですが「フレッシュ」を切らした場合は「フレッシュヘビー」を出していました。
確か、逆に「フレッシュヘビー」を切らした時は「フレッシュ」でもホイップクリームになったと記憶しています。要は乳製品であり乳脂肪分は高かったということです。

もちろん、全店が良質なものを使用していたわけではなく、いわゆる「まともなお店」での話しです。しかし、ルノアールあたりでもさらさらの水みたいなものは使っていませんでしたし、もちろん動物性のものです。

今でも森永乳業さん他はこの名称で「生クリーム」として販売しています。
フレッシュヘビー
フレッシュクリーム大雪原
左がいわゆる「コーヒーフレッシュ」、右が「フレッシュヘビー」


なお、「コーヒーフレッシュ」は乳脂肪分20%台のものから、ラインナップがあったと思います。


それでは何故生クリームを使わず、植物性油脂製品になってしまったのか?

それはひとえに、メーカーの営業戦略のうまさと日持ちするので保存性が良いこと。それに、何よりも消費者がそれで満足して買ったこと、喫茶店までがコストと手間を省くために「偽物」を使ったことによるのでしょう。

昔は乳製品のフレッシュをピッチャーに入れて出すのが普通でした。

大体、植物性油脂に乳化剤を加えて、さらに化学調味料やら保存料をいれたものが「フレッシュ」ではないでしょう。「フレッシュ」とは新鮮という意味です。マリームポーション成分



最初は「クリープ」で粉でした。と思ったら・・・




「クリープを入れないコーヒーなんて」はこれしか見つかりませんでした


あらら、クリープは乳製品なんです。「牛乳成分以外のものは使っていません」の表記がありました。
なので、「クリープ」は犯人ではありません。疑ってすみませんでした。



それじゃ、犯人は誰なんだ!
「メロディアン」なのか?





う~ん、これは見た記憶があまりないから、やはり関西圏限定ですね。
でも、メロディアン★ミニ、メロディアン★ミニ~♬の連呼は覚えがあります。少しは関東圏でも放送されていたのでしょう。



関東圏でお馴染みなのはめいらくグループの「スジャータ」でしょう。
日本初のポーションタイプと書いてあります。

スジャータ

お馴染みのCM




その他の犯人たちを列挙します

液体タイプではハクション大魔王の壷みたいなコレ

クレマトップ

・ネスレ日本(商品名「クレマトップ」




マリーム

・味の素AGF(商品名「マリーム ポーションタイプ」)



・雪印メグミルク(商品名「メグミルククリーミィリッチ」)

・明治(商品名「明治ベターハーフ」)

・森永乳業(商品名「クリープポーション」)(今は無い)



というところでしょう。


皆様も植物性油脂ではなく乳製品の「フレッシュ」を入れて珈琲を飲んでみてください。わたしが拘っている理由を分かって頂けると思います。



当ブログの関連記事:

タカナシのフレッシュクリーム47 - しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ (fc2.com)


珈琲づくめでマッタリの土曜の昼下がり(^^♪ - しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ (fc2.com)

など・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
まがい物!
おはようございます。
朝から大作記事お疲れ様です
世の中、代用品なんですよ。
見た目、同じなら何でもOK。
乳製品高いから植物油脂で大丈夫。
バター高いからマーガリン。
ケーキ―用、生クリーム高いからホイップクリーム(植物油脂)。
イチゴジャム色が悪ければ紅麹色素。
出力あたりの価格はアナログアンプは高いから中華デジアン。(笑)

AudioProject

2024/04/01 URL 編集返信

しんのすけ
Re:まがい物!
AudioProjectさん、こんにちは!

世の中まがい物がまかり通っており、場合によってはそちらの方が売れていてマトモな方の会社はつぶれるという異常な状況です。オーディオ業界も同じ様な状況でしょう。

四十数年前も安いのを使っている店は多くありましたが、ポーションタイプのパックで出て来るお店は少なかったと思います。多分ですがポーションタイプが流行ったのは、マックとかドトールとかのファーストフード店が使ったためではないかとも思います。
その後喫茶店でも使い始めたと記憶しています。

シュガーも昔はシュガーポットが当たり前、珈琲専門店には「コーヒーシュガー」
健康ブームにのって「シュガーカット」など・・・

わたしは店で「ミルクはお付けしますか?」と聞かれたときに、「まともなミルクなら必要です」と答えたことがあります^^;
また、店員が見ているところでピッチャを揺らしてミルクを凝視、観察して嫌な顔をされたこともしばしばです( ^ω^)・・・

以前にもたびたび書いていますが、偽物で満足している消費者にも大きな責任があると思います。

しんのすけ

2024/04/01 URL 編集返信

マスコミ・宣伝
テレビの特集
https://www.youtube.com/watch?v=Q966pLh2DWc  
ポットが懐かしいです。
修さん
https://www.youtube.com/watch?v=g8GclS93hRk 
某知事はスズキの会社と労組のおかげで当選できたです。
あれだけ問題発言しても。。。。。
軽井沢で悠々自適(1億円以上金が出るはずです)、引退で良いです( ´∀` )

スジャータは買わないです。ジュースも濃縮還元では無く
https://www.kirinholdings.com/jp/newsroom/release/2020/0210_03.html
ストレートジュースのこれがスーパーでの入手性が良いです。

まじっくト~ン!

2024/04/04 URL 編集返信

しんのすけ
Re:マスコミ・宣伝
まじっくト~ン!さん、こんにちは!

>昭和レトロ
魔法瓶は冷めます(笑)パタパタ時計に黒電話=ゴミでしょう。電気鉛筆削りは以前捨てなきゃ良かったと思いましたが、使わないし邪魔です。突っ込んでクルクル回すので十分です。20万のラジカセが笑えます。レコードブームと同じで、マスコミが煽っているだけでしょう。

>修さん
支援していたようですね。こちらを先に見て記録済みです(笑)
https://youtu.be/572huK-vnts?t=127

>ジューズ
100%ですが怪しいのを買っています。つぎはソレにします(^^)/

しんのすけ

2024/04/04 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

しんのすけ

Author:しんのすけ
オーディオと音楽とクルマ、その他何にでも 興味を持ったことをブログにします。宜しく!

最新コメント

ブロとも一覧

月別アーカイブ

アクセスカウンター

クレヨン邸の訪問者

カウンター2

クレヨン邸の滞在者数
現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
117位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
8位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR