本体 SONY VC-41Gだが!(◎_◎;)

こんにちは(^_-)-☆ しんのすけです

今日はカートリッジの話題ですよ


イメージ 1


本体はSONYのVC 41Gです。
これ、オーディオテクニカのOEM製品ですよね(=^ェ^=)

針交換型のMCカートリッジで、
純正針は0.6milのコニカル針の高出力タイプなのです。


イメージ 9



交換針の接点は、こんな風になっています。
勘合は、ロック爪は無いが結構しっくりしています。

プレーヤーの付属カートリッジとして使われた様です。

これだとあんまり面白くはないのですがね。





イメージ 2

じゃじゃ~ん

入手した物は、Toshiba C-80MCの純正新品針付きなのです!(◎_◎;)

これはですね、どうも 日立DS-ST60やテクニカ AT-3100XEと同じで

インピーダンス10Ω、出力0.4mVのれっきとしたMCカートリッジの様です。
スタイラスは楕円丸針の多分接合針です。

いやはや、説明が長くてごめんなさいね。


でも、所詮廉価版の針交換型MCな訳で、大した事はありません(笑)
でも、珍しいですよね!

音はね~、良いんですよ、コレが!

ボーカルもきちんとしているし、高域も適度に繊細ですよ。
安い音じゃありません。
適正針圧は1.7gと、しんのすけの好きなところです。





イメージ 3


シェルは、テクニカのマグネシュームを付けたら、軽すぎてしまったので、テクニカの例のヤツ(錆落としに苦労した)を使って見ました。

型番分かりましたよ!

AT-L13 シルバー(AT-L13 ゴールド) という情報です(=^ェ^=)


かな~? 何か不安になって来た。
イメージ 4


でも、質量は12gなんだけどね。リード線込みか?




イメージ 10



それは、こっちのことか?
⬆︎ AT-L13 ゴールド
まあ、よい



イメージ 5


芳恵ちゃんもちゃんと歌います(=^ェ^=)

イメージ 6


イメージ 7


珍しいから、写真を沢山載せますね。

イメージ 8



諸元は下記の通りです

(  )内はAT-3100EX
東芝 C-80MC (AT-3100EX)
■価格 (輸出モデル) 
■発電方式 MC型
■出力電圧 0.4mV/1kHz 5cm/sec(2.0mV/1kHz 5cm/sec)

■針圧 1.4~2.0g(最適 1.7g)
■再生周波数帯域 15-30,000Hz
■チャンネルセパレーション 30dB/1kHz
■チャンネルバランス
■コンプライアンス 
■内部抵抗 10Ω(?)
■負荷容量 
■針先 丸針(楕円) 
■自重 4.3g
■交換針 N-80D(ATN-3100EX)
■発売 1983年頃




参考で本体は

VC-41G 高出力 丸針
周波数特性 20Hz~20kHz
出力電圧 2mV(1kHz、5cm/s、45゜)
針 0.6mil円形ダイヤモンド
自重 4.3g
交換針 ND-141G(\5,500)

本家 テクニカは高出力 楕円
AT-3200XE
周波数帯域 15Hz-30,000Hz
出力電圧 2.0mV/1kHz 5cm/sec
針圧 1.4~2.0g(最適 1.7g)
針先 楕円
チャンネルセパレーション 30dB/1kHz
内部抵抗 47kΩ
交換針 ATN-3200XE


以上でした。 それではまた(^。^)y-.。o○
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(16)
No title
こんばんは。

ヘッドに SONY
ボディに Aurex
の文字! カッコいい!!

shunkun

2019/03/02 URL 編集返信

No title
> shunkunさん、こんばんは(^_-)-☆

ありがとうございます。
そうそう、最初はカッコ悪いかと思ったが、意外と味があるスタイルですよね!
shunkunさんのラジオとメーカー共通しているかな(=^ェ^=)

しんのすけ

2019/03/02 URL 編集返信

No title
当時、オーディオメーカー同士は敵対していたのに・・・・

35年の刻を超えて合体して、音を奏でる。

オーディオのロマンだぁ~

AudioProject

2019/03/02 URL 編集返信

No title
レッドのコンビネーションが、鮮やかです。

en_*de

2019/03/02 URL 編集返信

No title
> しんのすけさん
こんばんは~
赤が映えますね

テスタロッサ(*^_^*)

前の出っ張りは?
針ガードなのね~

MCなのに?針交換できるんだ
接点が有るって事?

Gサクっ

2019/03/02 URL 編集返信

No title
> AudioProjectさん、こんばんは(^_-)-☆

そうですよね!35年を経てか、上手い事言いますねぇ~。
昔はライバルメーカーも意外に共用していたりしますよね。
競合同士も、持ちつ持たれつで、パテントなども目くじら立てて訴えたりしないほのぼの感がありましたよ。
今の時代は、何かとギスギスしちゃって、よろしく無いです(≧∇≦)

しんのすけ

2019/03/02 URL 編集返信

No title
> en_*deさん、こんばんは(^_-)-☆

お陰様で色も近いので、一体感があります。SONYの純正は針ホルダーは黒でしょうかね。

しんのすけ

2019/03/02 URL 編集返信

No title
> Gサクっさん、こんばんは(^_-)-☆

赤が鮮やかです。チンスポイラー付きだよ(笑)
そうです。接点があります。
後で写真を追加します。

しんのすけ

2019/03/02 URL 編集返信

No title
Aurexというロゴを見ただけで感動しています。
これは貴重すぎますよ。

flattwin

2019/03/02 URL 編集返信

No title
> flattwinさん、こんばんは(^_-)-☆

確かにAurexのプレートは格好良くて貴重ですね。当然、サードパーティの交換針も無い様子です。
Aurexはアドレスユニットしか、使った事がありません。まだ持っています(=^ェ^=)

しんのすけ

2019/03/02 URL 編集返信

No title
こんにちは♪

コレは初めて見ました!
ボヨヨン!もちゃんと歌いましたか!(笑)\(*^Ο^*)/

MCですが結構出力もあるので、使い易そうですね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/03/03 URL 編集返信

No title
> なめちゃん仙人さん、こんにちは(^_-)-☆

わたしもあまり知らなかったです。本家テクニカさんは輸出のみなので馴染みが薄いです。国内はOEMのみ。

磁石が直近で強力ですので、インピーダンス10Ωですが、出力が大きいです。コンプライアンスも丁度良いです。

ボヨヨン 芳恵ちゃんは、聴きましたが、コメ入れておらずすみません。後ほど。参加もしようかな(=^ェ^=)

移行の件は、付いて行きますよ♫

しんのすけ

2019/03/03 URL 編集返信

No title
flattwin さん
気まぐれ さん
かべ(Kabe) さん
とも さん
AudioProject さん
公ちゃん(キミにゃん) さん
naimnacnap さん
shunkun さん
altum さん
ペコちゃん さん
KT さん
GOMALYN さん
うに さん
sugar さん
魚竹 さん
ぶんぶく さん
ロバートプラント さん
gio**nni_xx*v さん
カピバラの部屋 さん

皆様、 沢山のナイス!を頂きありがとうございます

しんのすけ

2019/03/05 URL 編集返信

本当に楕円針?アナログオーディオの迷宮
盛り上がっているところ申し訳ないのですが、有名な「オーディオの足跡」にはAurex の C-80MCは「丸針」との記述があります(交換針の純正型番はN-80D)。
https://audio-heritage.jp/AUREX/player/sr-p90.html
当方は楕円針のMCモジュールを探していますが、海外のものも含めてaudio-technicaブランドでハッキリ「E」もしくは「EX」との記載がない、特にOEMモノはどちらか判別が付かない(アマチュアが出品しているため信用に足らない)物が多くて困っております。(上記「オーディオの足跡」にもたまに誤りがありますし)
このC-80MCが本当に楕円針なのか?しんのすけさんが言われる様に日本向けは丸針で輸出向けは同じ型番でも楕円針なのか?(上記AT3200EXの仕様は下記のFC2からですよね?)
https://audio-heritage.jp/AUREX/player/sr-p90.html
OEMの方が安いので購入が楽ですが、何を信用して良いか?分からなず、かなり高額のオーテクブランドモノ(それもごくわずかしかない)を輸入するしかないのが現状です。
と言っても、当方の耳が丸針と楕円針を聴き分けられれば問題ないのですが、それにつけアナログオーディオは一定以上は自己満足の世界…という事を改めて実感して反省もしております。
盛り上がっているところ申し訳ないのですが、有名な「オーディオの足跡」にはC-80MCは「丸針」との記述があります。
https://audio-heritage.jp/AUREX/player/sr-p90.html
当方は楕円針のMCモジュールを探していますが、海外のものも含めてaudio-technicaブランドでハッキリ「E」もしくは「EX」との記載がない、特にOEMモノはどちらか判別が付かない(アマチュアが出品しているため信用に足らない)物が多くて困っております。
このC-80MCが本当に楕円針なのか?しんのすけさんが言われる様に日本向けは丸針で輸出向けは同じ型番でも楕円針なのか?(上記AT3200EXの仕様は下記のFC2からですよね?)
https://audio-heritage.jp/AUREX/player/sr-p90.html
OEMの方が安いので購入が楽ですが、何を信用して良いか?分からなず、かなり高額のオーテクブランドモノ(それもごくわずかしかない)を輸入するしかないのが現状です。
と言っても、当方の耳が丸針と楕円針を聴き分けられれば問題ないのですが、それにつけアナログオーディオは一定以上は自己満足の世界という事を改めて実感して反省もしております。

ミトの大冒険

2020/11/24 URL 編集返信

アナログオーディオの迷宮。お詫びと追伸
すみません。
先のコメントで「AT3200EX」は「AT3100EX」の誤りでした。お詫びして訂正させて頂きます。なお、これとは別と思われる「AT3100E」や「AT3100(無印。多分丸針)」も存在しています。ますます分かりません…

ミトの大冒険

2020/11/24 URL 編集返信

しんのすけ
Re:本当に楕円針?アナログオーディオの迷宮
ミトの大冒険さん、こんにちは!

確認しましたところ、箱の裏書きに丸針と記載されていました。
ご指摘ありがとうございました。

しんのすけ

2020/11/24 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

しんのすけ

Author:しんのすけ
オーディオと音楽とクルマ、その他何にでも 興味を持ったことをブログにします。宜しく!

ブロとも一覧

月別アーカイブ

アクセスカウンター

クレヨン邸の訪問者

カウンター2

クレヨン邸の滞在者数
現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
133位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
8位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR