久しぶりにポールモーリアを聴いてみよう(^_-)-☆

こんばんは(^_-)-☆ しんのすけです


今日は、久々にイージーリスニングを聴いていました
たまにはイイですよね


代表格は、PAUL MAURIATさんでしょうかね!

高校生の時に近所の方が、テクニクスのシスコンでテープにダビングしてくれたのを、AIWAのステレオラジカセで初めて聴きましたが、ちゃんとしたステレオだと良い音なんだな!って感じましたよ
それが、ポールモーリアとの初めての出会いかな(^^♪




VMS-20E Mark2
カートリッジは、オルトフォンの VMS-20E MKⅡ を使いました
高域も結構充実した、レンジの広い音が楽しめます



今日、2曲をご紹介しますが、1枚目は多分、自身で買ったアルバムの最初の10枚に入るのではと思います。かなり傷んでいるかもです

それでは、早速聴いてみますか



Paul 1
「ポール・モーリア・ラブ・サウンズVol.7」より
「ALIA SOUZA」 という曲。 結構気に入っている曲ですが、A面 最内周という条件の悪さなのですよ。 でも、聴いてみてくださいね



それでは、どうぞ PAUL MOURIAT /  ALIA SOUZA


https://youtu.be/G4x3YttzmHg

再生機材:
プレーヤー: MICRO BL-77  
カートリッジ:VMS-20E MKⅡ
Pre Amp.: McIntosh C29
録音:LINE 
AUDIO INTERFACE :RME Fireface UC




2曲目は、「グレート・ヒッツ24 PARTⅡ」より エーゲ海の真珠(ディスコ・ヴァージョン)
これは、あまりにも有名な曲で、これはちょつと電子楽器とか入ったバージョンです
原曲は、「PENELOPE」っていうのですよね
なかなか、高域まで伸びている良い録音かと思います


PAUL MAURIAT   PENELOPE


https://youtu.be/2jJNingPIEc



という訳でした。ブログ初のイージーリスニング になったかな(^_^.)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(12)
オリーブの首飾り>コンサートの最後に演奏
手品師を思い出します(笑)
晩年にもこちらの方でコンサートがあり
即チケットが完売御礼になったそうで、
未だ日本では人気です(笑)

ひらひら

2020/01/23 URL 編集返信

やりましたね
おはようございます!

とうとうやりましたね。
一曲目、歪感を全く感じない良いです。(内周とは思えない)
二曲目の「エーゲ海の真珠」、ディスコ・ヴァージョンは初めて聴きました。
ストリングスが華麗に響き渡り素晴らしいですね。

イージーリスニング特集、第二弾もよろしく(笑)

imoken58

2020/01/23 URL 編集返信

こんばんは。
STEREO2月号を見たら(立ち読みですが(^^;)
特集に
「癒しの音を求めて」とあり、
「中心にはいつも、ポール・モーリアがあった」
という記事がありました。確かにそうですね。

shunkun

2020/01/23 URL 編集返信

しんのすけ
Re:オリーブの首飾り>コンサートの最後に演奏
ひらひらさん、こんばんは(^_-)-☆

それは、チャラララララ~ チャラララララ~ラ♪ の方ね(笑)
人気あるんですね! 

しんのすけ

2020/01/23 URL 編集返信

しんのすけ
Re:やりましたね
imoken58さん、こんばんは(^_-)-☆

お待たせしましたぁー。あとは、ベスト盤の2枚組ぐらいしかないのです。
後は、リチャード・クレイダーマンとか、マント・ヴァーニー ぐらいかな。
フュージョンは結構ありますよ!
次は、タンゴでもいってみましょうかね~^_^; 

しんのすけ

2020/01/23 URL 編集返信

しんのすけ
Re:こんばんは。
shunkunさん、こんばんは(^_-)-☆

あー、癒しね! 確かに、刺激的なサウンドは皆無ですね。なんか、ベールをかけた様な、なんとも言えない独特サウンドですけどね(^^♪ これは、これで良いのではと思いますね。

しんのすけ

2020/01/23 URL 編集返信

フィリップス
チューリップや風車の国の超巨大企業で、そこの代表的なイージーリスニング
の主は、何を演奏してもその音になるのが凄いです!(笑) 
で、1時的にそこの子会社だった時期のあるB&Oで聞くとまた合うんです。
昔菅野先生が(他社だったら間違いなく動作が遅いとクレームになる)ボタンを
押すと 一瞬”間”があってそこがまたいいとおしゃっていましたが、同感です(笑)
これは実際に所有しないと分からないです。

ひらひら

2020/01/24 URL 編集返信

しんのすけ
Re:フィリップス
ひらひらさん、こんばんは(^_−)−☆

B&Oはフィリップス傘下だった事があるのですね。さすが物知り〜。
確かにデザイン勝負だから、動きが遅い方が趣きがあるって感じるのでしょう。
技術的に速く出来なかったのか、ワザとゆっくりにしたのかは、謎だけどね(笑)

しんのすけ

2020/01/24 URL 編集返信

ところで(笑)
VMS-20Eって トーレンスや 確かマイクロ辺りのプレーヤーに付属していた
記憶があり、付属の割にはかなりいい塩梅の音がして、2,3個買った事が在ります。

ひらひら

2020/01/26 URL 編集返信

しんのすけ
Re:ところで(笑)
ひらひらさん、こんにちは(^_-)-☆

物知りのひらひらさんだから、そうなのかも知れませんね。
多分、付属していたのは、お仲間のFF15あたりの様な気もしますが・・^_^;
VMS-20E MKⅡは、結構高級版ですからね、高級プレーヤーの付属だったか可能性はありますけどね!

FF15 の関連記事は下記参照です。針に互換性があるの、無いの議論もあった記憶です。コメント欄かな
https://shinchanaudiomusic.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

https://shinchanaudiomusic.blog.fc2.com/blog-entry-145.html

しんのすけ

2020/01/26 URL 編集返信

ディスコバージョン
こんばんは
ディスコバージョンは、スキャットの女性に、当時違うなぁ~と感じてました。
最初のバージョンのアンニュイな感じに慣れてました。
この時代イージーリスニングの各楽団がディスコバージョンを試みました。
基本合わないです。特に映画音楽に使われたものは、違和感しかありません。
シェルブールの雨傘のディスコバージョンは、つらかったです。

それはさておき、高域のきれいに再生できるカートリッジですね。

audioproject

2020/01/31 URL 編集返信

しんのすけ
Re:ディスコバージョン
audioprojectさん、こんばんは(^_-)-☆

お聴き頂きありがとうございます。
VMS-20E MKⅡは、なかなか良いカートリッジです。低域が少し軽い様な気もしますが、多分、ポールモーリアだからでしょう(笑)

しんのすけ

2020/01/31 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

しんのすけ

Author:しんのすけ
オーディオと音楽とクルマ、その他何にでも 興味を持ったことをブログにします。宜しく!

最新コメント

ブロとも一覧

月別アーカイブ

アクセスカウンター

クレヨン邸の訪問者

カウンター2

クレヨン邸の滞在者数
現在の閲覧者数:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
111位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
7位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR